マウイでショッピングならまずラハイナの海岸に出る前に「The Outlets of MAUI lahaina」

outlet_maui01.JPGのサムネイル画像カアナパリやカパルア方面からもキヘイ・ワイレア方面からもバスが出ていて、巡回していてくれる。毎回、いろいろ周ってみますがとにかく安い。売ってる人がおおらかなのか、気候がそうさせるのか、せかせかしてなくて良い感じです。

エリアの中にはサーフボードなどもさりげに置いてあって、ちょっと南へ抜けると、もう海。

outlet_maui03.JPG

海岸線沿いのパームツリーが心をかき立てます。平日がねらい目、午後いちならぐるっと回っても人にあまり出会いません。

が、それもいつまで続くか分からないのでお早めに。全米人気ビーチで常に上位ランクだし2016年は、日本からの観光客の人気もマウイ島は伸び続けています。

outlet_maui04.JPG海岸通りに出てすぐに「Hard Rock Cafe LAHAINA」があります。オープンカーが天井から吊ってあってオープンウィンドで中に飾ってあるギターやパネルもカッコいいです。

日本語メニューもあるので安心してオーダーできます。

outlet_maui05.JPG

シャープ株式会社は、AIとIoTを組み合わせた「AIoT(モノの人工知能化)」化をコンセプトとした製品を世に出す。

人気のアニメキャラクターソングのプログラムで有名になったボーカロイドVOCALOIDを掃除機に組み込んだ会話・音声操作が可能なロボット掃除機「COCOROBO」

ユーザーの評価や感想を学習し、好みの曲を「歌いながら」掃除してくれる。また、伝言を歌って再生することも出来たり、簡単な会話も可能。

cocorobo01.jpgのサムネイル画像

 人気のオーブン「ヘルシオAX-XW300-R」のAIは、無線LAN・音声対話機能搭載で、

同社のクラウドサービス「COCORO KITCHEN」と連携し、ユーザーに合わせた献立を提案。

 使いたい食材や料理のジャンルを指定するだけでなく、「サッと作れるメニュー」「週末何作ろうかなぁ?」

などのあいまいな相談でも、季節・天気・調理履歴からメニューを提示してくれる。

また、クラウドサービスの内容もより現実味がある商品が出てきて「SHARP AIoT Cloud」などは、

家庭内の各センサー(照度、煙、PM2.5、温湿度、緊急ボタン、人感など)、スマートカメラを連携させ

外出先でもペットの様子を確認できる。事業者用としても注目されている。

jinkansensa01.jpg

 また、「IoTマルチセンサユニット」は室内の人の動きを感知することも可能で、高齢者の見守りサービスとしても活用が期待されている。

このマルチセンサーは部屋やトイレのドアの開閉なども感知でき、行動パターンを把握することができる。

マウイ島の山と言えばハレアカラ。ハレアカラ国立公園は山頂の3055mからの眺めがこの世のものとは思えない壮大な景色を眺望できます。

マウイ島の名前の由来ともなった「半神マウイ」の伝説が残るハレアカラは、世界最大の休火山であり、マウイ島最高峰です。

hareakara01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この山から見た景色は忘れられません。その場にいることが必然のような感覚を得ます。

hareakara02.JPG

 

 

 

ハワイ旅行は不思議な力を持っていました。

ハワイが好きで小さいころから行きたい土地でした。

ハワイは確かに呼んでいました。いつかハワイに住みたい!

住まなくとも、毎年どこかで長期滞在したい。。。

maui0001.JPG

そんな夢と希望を綴る気になって書き始める備忘録。

マウイ島までは、オアフ島のホノルル空港から、国内線に乗り換えて

マウイの商業都市「カフルイ」の空港に到着します。

マウイには、もう一つ空港がありますが旅行社は使いません。

ここから、タクシーかレンタカーで各ビーチのリゾートエリアへ出発です、ここ↓↓はカアナパリ。

kaanapali0001.JPGのサムネイル画像